おすすめレンタルサーバーを紹介

大手レンタルサーバーをご紹介
レンタルサーバーの基礎知識
よくある質問集

レンタルサーバーの比較サイト

ワードプレスの利用に無料レンタルサーバーを使わない理由

無料レンタルサーバーだとワードプレスが使えない場合も

無料ブログサービスは運営側の一方的な判断でいきなりアカウント停止されるような事もありますが、自分で設置するタイプなら、その心配もありません。
ワードプレスを使うには有料のレンタルサーバーを借りる必要があります。最近のレンタルサーバーでは、ワードプレスを自動でインストールできる機能が標準で組み込まれているので、ボタン一つ押すだけで簡単にインストールができます。面倒な作業は不要ですぐに使えます。
基本的にサーバー設置型のCMSを使うには、有料のレンタルサーバーを借りる必要があり、無料のサーバーではできないことがほとんどですが、実は無料でワードプレスを設置できる無料サーバーは存在します。
ですが広告が強制的に挿入されてしまったりしますから、やはり有料のレンタルサーバーを借りた方がいいでしょう。

ワードプレスを使うメリット

WEBサイトを作成するのに最近よく利用されているのがワードプレスです。
ワードプレスはPHP言語で作られているCMSで動作が軽快で扱いやすく、プラグインも豊富だということで人気です。ワードプレスは簡単に言うと、自分でサーバーに設置するブログシステムです。
自分で設置するので、よくある無料ブログサービスとは違い利用上の制約がほとんどありません。無料ブログサービスだと、アップロードできるファイルサイズに制限があったり、アフィリエイトが禁止だったりと色々制約があるものですが、ワードプレスならそういう制約を気にせずにサイト運営ができます。

最新の記事

ワードプレスの利用に無料レンタルサーバーを使わない理由

無料レンタルサーバーだとワードプレスが使えない場合も無料ブログサービスは運営側の一方的な判断でいきなりアカウント停止されるような事もありますが、自分で設置するタイプなら、その心配もありません。ワードプ...

  • facebook
  • twitter
  • hatena
  • google plus

レンタルサーバーの容量の目安はどのくらいですか?

容量はレンタルサーバーを選ぶ上で大切ですレンタルサーバーを選出する時には色々な事柄を比べていく必要がありますが、その中の一つとして容量が挙げられます。もちろん支払金額が高額になるほど容量が多くなるので...

  • facebook
  • twitter
  • hatena
  • google plus

あえて有料レンタルサーバーを使うことのメリット

なぜ無料ではなく有料のレンタルサーバーなのか?ウェブサイトを運営するのは無料でもできます。無料のホームページスペースや無料ブログを借りればいいのです。しかし、本格的にウェブサイト運営をするのであれば、...

  • facebook
  • twitter
  • hatena
  • google plus

レンタルサーバーに必須!マルチドメインとは?

独自ドメインを複数使える?マルチドメインとはレンタルサーバーをレンタルする時に見逃せないのがドメインについてです。 以前は、レンタルサーバーを契約してもドメインは一つしか与えられない事が多かったものの...

  • facebook
  • twitter
  • hatena
  • google plus

nodejsが使える無料レンタルサーバーを使おう

nodejsが動くサーバーが人気にレンタルサーバといえばウェブサーバやメールサーバを使いたくて契約する方が多いですが、最近増えてきているのがnodejsを動かしたいという要望です。nodejsはウェブ...

  • facebook
  • twitter
  • hatena
  • google plus

レンタルサーバーの引っ越しでやるべきことは?

手順を間違えないようにレンタルサーバーを引っ越そうデータ用量や転送量の都合、インターネットサービスの変更など、色々な理由でレンタルサーバーを引っ越しすると言うのは企業でも個人でも珍しいことではありませ...

  • facebook
  • twitter
  • hatena
  • google plus

レンタルサーバーのおすすめの選び方

ウェブサイトを作成することに慣れていない方がレンタルサーバーを契約する時はインターネットに存在している比較サイトの情報を参考にすることがおすすめです。レンタルサーバーのウェブサイトには各々に説明が記載されているのですが、当然好ましくない事については記載されていません。そのため、セールスポイント以外のポイントで不都合を感じてしまうということがあるのです。 特に、速度に関しては実際にサービスを利用してみない限りわかりにくい情報であると言えるので利用者の声が重宝します。

しかも、近年レンタルサーバーの利用者が増加してきているので、利用者増に伴う不都合が生じつつあるとされています。レンタルサーバーのハードディスクに対して物理的に多くの人々が同時にアクセスしているためサーバーに負荷が生じてしまうのです。こうした不都合を避けるために契約人数が少なめで良好なサービスを提供しているレンタルサーバーを選ぶのも一つの方法なのですが、利用開始して間もなく多くの人々が契約して負荷が大きくなってしまうという可能性は捨て切れません。そこで、裏ワザと言っても過言ではないのが法人をターゲットとしているレンタルサーバーに個人的に契約するということです。法人向けはビジネスに直結するので使い心地の悪さが損害になってしまうため、個人向けよりもサービスが手厚いことが多いのです。また、検討しているレンタルサーバーで運営されているサイトに訪れてページの読み込み速度を意識してみるのも良い方法です。